【必見!】産後の乾燥肌に悩むママへたちへ・・・

出産前はどうということはなかったのに、産後にいきなりひどい乾燥肌になってしまったという方は多いのではないでしょうか。

妊娠・出産は女性にとっては大イベントであり、それだけに心や身体にはさまざまな影響が現れやすくなります。

スポンサードリンク



とりわけ、産後の乾燥肌は笑って済ませることができない大問題。

それでは、なぜ産後に乾燥肌が起こるのか、考えられる原因を探りながら、それらの解決方法について考えて行くことにしましょう。

産後に起こる乾燥肌の主な原因3つとは・・・

ホルモンバランスの崩れ

6a108f03f08de501291be8146cd998cf_s

 

 

 

 

生理前になると、急に吹き出物ができ、生理後には急にお肌がカサカサしてくる乾燥肌…

このような現象、あなたも一度は経験したことがあるのではないでしょうか。

これが起こる原因、それはホルモンバランスの崩れによるものです。

女性ホルモンであるエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)は、それぞれにバランスを取り合いながら私たちの体内で分泌されています。

そして、生理前になると皮脂分泌を司るプロゲステロンの分泌が増えるため、皮脂で毛穴が詰まりやすくって吹き出物が現れることがあります。

そして、生理中から生理終了にかけてはプロゲステロンの分泌量が著しく低下するため、今度は乾燥肌のトラブルが起こりやすくなります。

それでは、この現象を妊娠・出産に当てはめて考えてみることにしましょう。

スポンサードリンク



妊娠中には特にふたつの女性ホルモンの分泌が活発になり、エストロゲンは乳腺を発達させて母乳づくりの準備を行い、プロゲステロンは子宮内膜の壁を厚くして、赤ちゃんが胎内で快適に過ごすことのできるベッドを作る役割をそれぞれ担っています。

そして、それらの女性ホルモンは出産と同時に役割を終え、急激に分泌量が低下します。

これによってるホルモンのバランスが大きく崩れ、乾燥肌が起こる原因となるということです。

では、なんとか出産直後のホルモンバランスを整える方法はないのでしょうか?

出産直後のホルモンバランスの崩れ、これだけは残念ながら避けて通ることができません。

では具体的に、産後どれくらい待てばホルモンバランスが整い始めるのでしょうか?

まず、母乳で授乳を行っている間は、ホルモンバランスが出産前の状態に戻ることはなく、卒乳後約3カ月後を目途に、徐々にホルモンバランスが整ってくると考えておいて下さい。

また、この時期には乾燥肌だけではなく、抜け毛が目立つこともありますが、これもまたホルモンバランスの崩れが原因で起こっているものですので、焦って育毛を行ったとしても、思うような効果を得ることは難しいでしょう。

さらに、ホルモンバランスの乱れによってお肌のターンオーバー周期も乱れ、これが乾燥肌に拍車をかけることになります。

そして、ここで焦ってピーリングなどを熱心に行ってしまうと逆に乾燥肌を悪化させてしまうこともありますので、卒乳までは過剰なスキンケアを行わず、化粧水でお肌を整えたら保湿クリームでフタをする…というシンプルケアを続けましょう。

睡眠不足

出産後に入院していた病院を退院し、真っ先にぶつかる壁は赤ちゃんの生活サイクルにご自身のサイクルを合わせなければならないという点でしょう。

入院中であれば、決められた時間に新生児室の赤ちゃんとご対面して授乳を行っていたのではないかと思いますが、いざ退院してみると、病院で過ごしていた頃のように、規則正しい授乳を行うことができなくなってしまったのではないでしょうか?

それだけではありません、授乳を終えとホッとしていると、今度はおむつ交換が待っています。

そこで問題となるのが、慢性的な睡眠不足です。

これが、産後の肌荒れ、乾燥肌を引き起こす要因とも言われています。

なにしろ、すべてを赤ちゃんに合わせなければならないわけですから、おちおち寝ている場合ではないというのが現状でしょう。

そのようなときにもっとも大切なことは、赤ちゃんのお世話以外のことをあれやこれややろうとせず、赤ちゃんがお休みしているときには、ママも割り切って一緒に寝てしまうということです。

特に新米のママの場合では、赤ちゃんのお世話に慣れていないことも手伝って、赤ちゃんのペースがなかなかつかめずにイライラしてしまうこともあるでしょう。ですが、そのようなときに焦ってもムダ。

赤ちゃんがぐっすりお休みしているときにはママも一緒に横になって、心と身体を休めましょう。

栄養不足

授乳中には、ママが食事から摂取した栄養素が母乳として赤ちゃんに与えられます。

そして、ここで特に不足してしまいがちなのがビタミン類とミネラル類です。

これらの成分は美肌づくりに欠かすことができないだけではなく、特にミネラル類が極端に不足した場合には、鉄欠乏性貧血や骨粗鬆症の原因になることも少なくなく、乾燥肌までも招いてしまいます。

また、葉酸はママだけではなく、赤ちゃんの健やかな成長のためには欠かすことのできない栄養素です。

以下、ビタミン類、ミネラル類、葉酸が多く含まれている食品を列挙しておきますので、ぜひ、毎日のメニューの中に取り入れる工夫を行ってみて下さいね。

・ビタミン類…とりわけ、母乳の分泌に必要不可欠であるといわれているのがビタミンCです。

ビタミン類は緑黄色野菜全般に多く含まれており、中でも赤ピーマン、黄色ピーマン、芽キャベツ、レッドキャベツ、ミニトマト、モロヘイヤなどにはビタミンCが豊富に含まれていますので、ぜひ、積極的に摂取してみて下さいね。

また、グレープフルーツやイチゴなどのフルーツにもビタミンCが豊富に含まれていますので、食後のデザートに少量ずつ摂取しておくとよいでしょう。

・ミネラル類…鉄、亜鉛、マグネシウム、カルシウムなどの栄養素を総称してミネラルと呼びますが、特に鉄と亜鉛が不足すると悪性貧血に見舞われてしまうことがありますので、毎日少しずつでも摂取する工夫を行ってみて下さい。

ミネラルを含む食品は、以下の通りです。

卵、赤身肉、レバー類、大豆製品、牡蠣、乳製品、煮干し、ジャコなど

・葉酸…ホウレン草、ブロッコリー、納豆、焼海苔、レバー類などに多く含まれています。

妊娠中に葉酸サプリメントを摂取していた方は、産後も引き続き摂取するといいですよ。

これらの食品は、産後の回復を早め、赤ちゃんの成長にも役立ちます。

さらに、お肌の調子を整える働きも持っていますので、できる限り毎日の食卓に取り入れる工夫を行ってみましょう。

【ご家族の協力を得て、身体を休めることが第一!!】

子育ては、あなた一人が頑張るのではなく、ご主人をはじめとするご家族の協力があってはじめて成立するものです。

たとえば、ゆっくりとお風呂で身体を温めてその間にリンパマッサージを行えば、血流とリンパの流れがよくなって食事から摂取した栄養分が身体の隅々に行き渡ります。

ところが、産後は赤ちゃんに振り回されてお風呂もゆっくり入れないようでは産後の身体の回復にも影響が出ますし、乾燥肌の改善どころではなくなってしまうでしょう。

お仕事で疲れて帰ってきたご主人に、赤ちゃんのお世話をお願いするのは器が引けてしまうかもしれませんが、ご主人にとっても赤ちゃんはかけがえのない宝物ですから、この際甘えてしまってもかまわないはずですよ。

睡眠時間の確保もそうですが、身体の回復を速めて乾燥肌を改善するためには、ご家族の協力が必要ですよ。

つまり・・?

産後の乾燥肌の大きな原因は、一にも二にもなく、ホルモンバランスの崩れによるものです。そして、疲れや睡眠不足、そして栄養不足。

まずはシンプルケアを行い、睡眠不足や栄養不足などをカバーしなければなりませんので、ぜひ、ご家族の協力を得て、大変な子育ての時期を乗り切って下さいね!

こちらの記事もオススメです!

【注意】赤く腫れた吹き出物が、跡残る理由とは!?

 

最後まで読んで頂きありがとうございます!

ブログランキングに参加していますので、もし少しでもお役に立てましたら下のバナーを応援クリックして頂けると、ブログ更新の励みになります^^


美白・美肌 ブログランキングへ

スポンサードリンク



2 件のコメント

  • こんばんは、ブログランキングからきました。
    現在妊娠中です。
    産後は乾燥肌になりやすいんですね。
    もともと乾燥肌なので気を付けようと思います。
    また参考にさせて頂きますね^^

    • こんばんは^^
      返信が遅くなりすみません。

      妊娠中なのですね♫
      おめでとうございます^^
      乾燥肌なりやすくなるので、産後大変かもしれませんが、できる範囲でお手入れしてみてくださいね^^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    2児の母であり、美容に携わって約10年。 20歳〜美容関係の仕事に就き、美容アドバイザーとして、他県などにも周り、講師等を務める。 同時に、メイクアップアーティストの資格も取得し、年に100人以上のメイクをし、その方に合うメイク法などをアドバイス、コンテストなどにも出場経験有り。 今まで学んできた美容法などや、妊娠期間や出産を経験して、学んだことや体感したことなどをブログに綴ってます。